アクセスカウンタ

zoom RSS テーマ「末期癌」のブログ記事

みんなの「末期癌」ブログ

タイトル 日 時
モツニ、牧師さんとの会話(その4)
2006年1月8日(日) 東京都、東中野にある「桜山キリストの教会」の牧師さんとの会話です。 (牧師)来る時ちょっとね、見たんです。見つかりましたので。 (モツニ)「哲学日記」でね、結構色んなの、入れているんですよ。 (牧師)なんかいっぱい書いてあったけど、殆どまだ読んでないんですけど。 …… (モツニ)ブログ入れたのが去年(2005年)の8月なんですよね。 (牧師)それから書かれたんですか。 (モツニ)それからずーっと、8、9、10、11、12月まで。まさか自分が胃癌だって分か... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 2

2007/01/08 12:01
モツニ、牧師さんとの会話(その3)
2006年1月8日(日) 東京都、東中野にある「桜山キリストの教会」の牧師さんとの会話です。 (モツニ)突然なので、私もびっくりしているけど先生だってびっくりしますよね。今日の明日ですものね。気が付いたのが12月16日で、宣告を受けたのが……検査したのが15日。 (牧師)なんか自覚症状があったのですか? (モツニ)その前ひと月くらい猛烈な胃の痛みがあったんですが、そこで気が付けばよかったんですけど……そして翌日、結果が出たら末期胃癌。私はクリスチャンだから本当の事を言って下さいって……医... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

2006/12/03 22:27
モツニ、牧師さんとの会話(その2)
2006年1月8日(日) 東京都、東中野にある「桜山キリストの教会」の牧師さんとの会話の続きです。 (モツニ)今はまだ、こうやって正常に話せるじゃないですか、だから小康状態って言うんですか、コンデション的にはベストですよね。 (牧師)そうですか。 (モツニ)そう云う辛さは無いですけど、ある体勢でしか、胃の関係上、これが反対に横になるとか、寝返りを打つとか出来ないんです。痛いから。これが私にとって負荷が少ない状態でしゃべるのも一番楽だし、長時間この体勢だとしゃべっていられる形なので、こうい... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2006/10/08 08:37
モツニ、牧師さんとの会話(その1)
2006年1月8日(日) 東京都、東中野にある「桜山キリストの教会」の牧師さんとの会話です。 (モツニ)すいませんね、横になって失礼します。私もね、ほら去年の今頃ですか、イースターの頃は、あの頃はぜんぜん、元気だったのですよ。自覚症状も無くてね、一緒にコーラスなんかもやって、それからですよね。だから、去年の一月から十二月にかけて一気に末期癌が進んじゃった。恐ろしいもんですよね。何時ぐらいから病気になったか全然わかんないんですよ。でも、去年一年でここまでいっちゃった。 (牧師)去年、来られた... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

2006/09/18 12:40
モツニ、主治医との会話(その6)
1月14日(土) (主治医)黒いお通じって出てます? (モツニ)前回、出たんで判りました。実際、真っ黒でしょう。……いよいよですね。まあ日にちは分かりませんよ、でもいい感じで、枯れていくように、まあいわゆる老衰って言うか、栄養失調というか、それで逝けそうだし、無意味な七転八倒をするとか、「わあわあ」わめくとか、そう云う事が無い形で、本当の意味で自然な形で、さよならできる。二重の意味で、物理的にも自然にさよならできるし、精神的には、もう、とっくに「さよなら」できてるから、最高のエンディングがで... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 10

2006/09/03 08:55
モツニ、主治医との会話(その5)
1月14日(土) (モツニ)おかげ様で、ほとんど(モルヒネの)増量もなく来ています。だから奇跡です。いいでしょう、顔色も。 (主治医)吐き気とかはどうですか? (モツニ)無いですよ。ただ、一番の辛さは床ずれだけなんです。パッドみたいなものを貼ったでしょう。毎日取り替えてくれれば問題なかったんだけど、かぶれちゃったんです。 (主治医)あれは毎日は取り替えられないんですよ、粘着力が強いから。ちょっと診せてもらえますか? (モツニ)ちょっと起こしてもらえますか、自分でやりますからつっかえ棒に... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 10

2006/08/17 13:01
モツニ、主治医との会話(その4)
1月11日(水) (モツニ)本当に、今日と言う一日は本当に不思議なすさまじい一日ですね。まだ全部終わってないんですけど、これまでの所、10時から5時まで、たった6時間だけど、こんなに激変した1日は初めてです。それも、痛み、苦しみ、安らぎ、また、痛み、苦しみ、安らぎ、このジェットコースターみたいな、この展開は生まれてから初めてですね。まー本当に……・おかげ様で点滴の軌道修正して頂いたおかげで、なんとか正常な方向に向かっている感じが予感としてあります。痛いながらも、徐々に痛みが和らいでいく予感はし... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 5

2006/07/17 09:14
モツニ、主治医との会話(その3)
1月11日(水) (モツニ)もう、断末魔に近いや・・本当に・・今日明日って感じだよね、限りなく・・明日もつか、もたないか?・・自分としては生きた心地がしてないよ。だって一つ一つ動作が命がけなんだもの・・自分の体を自分で起こせないんだよ。こんなの最悪じゃないですか? (瑞光)若いから癌の進行が早いんだよ。 ・・・・・・ (モツニ)痛てて・・・ (主治医)痛いですか? (モツニ)さっきの注射って歯医者の痛み止めと同じで・・・ (主治医)それよりは強いんだけど・・・ (モツニ)時間が来... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 28

2006/07/08 21:03
モツニ、主治医との会話(その2)
1月11日(水) (モツニ)自分の数十年の悪い食生活による癌化は、どのようなコースを歩んだとしても、今、経験しているようなこんなパターンに流れて行くって悟っているんだけどね。大筋はもうだめ・・って。 (瑞光)・・・・・・・ (モツニ)できるだけ無意味な痛みにさらされるすのは希望しないと伝えた。無意味な延命処置も意味無いけれど、無意味な頑張りも意味無いから・・・・逆に言って、もうそんなに多く残されていないんだけど、身辺整理が出来たなら早く楽になりたいって言うのが本音ですけどね・・・・何かコメ... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 14

2006/06/28 00:41
モツニ、主治医との会話(その1)
1月11日(水) (主治医)おなかの痛み止めについてなんですけど、内服にするか、注射にするか、相談に来ました。痛いな・・と前兆の時に、お薬が飲める状況かどうか教えてください。 (モツニ)それは、あんまり良くない。水を飲んでも水がおいしくない。何を口に入れてもおいしくないんです。胃そのものガタガタになってるから・・・・・ (主治医)お薬もおそらく吸収できない・・・・・。 (モツニ)注射の方が無難じゃないでしょうか。お粥さんでずーっときてるんですが、そのお粥さんも今までは美味しいと感じていま... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 4 / コメント 81

2006/06/15 23:13
「モツニ、自らを語る(その3)」
先日、12月15日、体調不良のため王子の生協病院に検査入院したところ、末期の胃がんである旨を宣告されました。別に、驚くこともなく、失望することもなく、絶望することもなく、その事実をそのまま受け入れています。それにしても、末期の胃がんであることを察知するまで、その事実にまったく気づかなかったモツニとしては実に不覚であったことは否めませんが、これもまたある意味で運命ではないでしょうか! 現在、この瞬間、痛みと、吐き気の両方を堪えながらこの文章を書いているため、なかなかまともな文章になっていと思います... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 7

2005/12/28 12:56

トップへ | みんなの「末期癌」ブログ

哲学日記 末期癌のテーマ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる