哲学日記

アクセスカウンタ

zoom RSS モツニ、主治医との会話(その4)

<<   作成日時 : 2006/07/17 09:14   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 5

1月11日(水)
(モツニ)本当に、今日と言う一日は本当に不思議なすさまじい一日ですね。まだ全部終わってないんですけど、これまでの所、10時から5時まで、たった6時間だけど、こんなに激変した1日は初めてです。それも、痛み、苦しみ、安らぎ、また、痛み、苦しみ、安らぎ、このジェットコースターみたいな、この展開は生まれてから初めてですね。まー本当に……・おかげ様で点滴の軌道修正して頂いたおかげで、なんとか正常な方向に向かっている感じが予感としてあります。痛いながらも、徐々に痛みが和らいでいく予感はしだしました。そう云う意味では最悪ではない。
………・
(主治医)元気、でてます?
(モツニ)あの〜 にこやかなパターンにね。判るでしょ、顔を見れば。
(主治医)痛みはどう?
(モツニ)痛みはそれほど改善されてはないけれど、全体の雰囲気は心が安定して、なめらかに、しかめっ面しなくても会話ができる状態に改善されました。
(瑞光)眠けは?
(モツニ)しゃべっていれば眠けなんて飛んじゃうに決まってますよね、先生。
(主治医)あまり強く使うと最終段階はしゃべっていてもウトウトしたりとか・・になると思います。
(モツニ)まだ(モルヒネの投入量が少なくてその影響が)弱いから(そこまでなってない)
(主治医)どうしたら楽になるか分かったので看護婦に伝えておきます。明日までお元気で。
(モツニ)今の状態だと、今月は無理かも知れないけどあした、あさっては大丈夫だって感じがしました。ただね、身辺整理が終わったらばさよならしたいんだけど。それは禁句。…今の、このにこやかパターンをキープする為に最大限の知恵と工夫を持続して頂きたい。……・今まで、ほぼひと月、終始一貫お互いダイナミックに自分の意見と先生の意見をぶつけて折衷案と言うか、そのへんのコンセンサスで来たじゃないですか、それはキープして行くのがよろしいかと思います。
(主治医)このお薬はいっぱい使うと効きずらくなるとか、いずれ効かなくなるという事はまったくない薬です。痛ければそれに応じた分だけ使えばかならず効きます。だんだん効かなくなるから痛みがひどくなるのではなくて、病気そのものが進行性だから痛みも大きくなります。
(モツニ)癌そのものの領域がどんどん増えて行くっていう必然的な流れの結果ですよね。
(主治医)それを後手、後手に回したくない…・
(モツニ)そうですよね。それは無意味な痛みを呼び込むだけで…・先手、先手が取れればにこやかな状態でうまくコンバートできるという、そう云うお話ですよね。了解しました。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(5件)

内 容 ニックネーム/日時
モルヒネの連続微量投与が始まって少しずつ痛みが和らぎ始めた時の会話です。個室に移り、昼夜を問わずテープへの録音が可能になりました。
モツニの弟
2006/07/17 09:16
今月(7・16〜8・15)はよく働きました。750850円(売り上げ)です。先月(6・16〜7・15)は390470円でした。これでは賞与なしで14万円の手取りです。今月は賞与込み、有給込みで40万円位か?Q様とやり取りしなければ、25万円の収入ダウンはなかったかもしれません。ハイヤーのような仕事をしている2人を除けば義圓はトップです(特に乗客数は)。読経は仕事中に少ししただけです。
義圓
2006/08/14 00:43
ぼくのビデオを携帯で撮って吉田登志さんに見せたら大変喜んでいたそうです。携帯でアクオステレビをみせたり、義圓の弾き語り(コンドルは飛んでゆく、すばる、若者たち、今日の日はさようなら)、ギター(アルハンブラ宮殿の思い出、ロマンス、アメーリア姫の誓い、モーツァルトの子守唄)などを見聞きさせているようです。義圓の携帯には6000円のメモリーカードがあるようで、2時間40分ろくおん録画できるようです。2万円のカードだと10時間録音録画できるそうです。ノミとりの薬も付けてくれたし、スリッカーブラシでブラッシングしてくれます。ノミとりグシも家にあるはずなのに、再度買ったようです。昨日は西友のカツオを焼いてけれました。が、ボクはごちそうさま、を言いません。ニャン、、
小次郎
2006/08/14 01:08
8・6日目がさめたら9時過ぎでした。これでは10時半からのしょうてんさいにまにあいません。しかたなく仕事したら34860円もできた。前日は41570円もできた。忙しいはずの金曜日に35270円なのに、、、。明心寺住職夫妻にそば6Kg持っていったら多すぎて食べきれないといわれたが、Q様には12Kgの更科そばでは足らなかったのでしょうか?味は不味かったのでしょうか?木綿の晒し1反も役にたったでしょうか?他のQ様宅にプレゼントしたもの、義圓は覚えていません。宮前慈慧師は11Kgのそばで大感激していたようです。1Kg分のそばの代わりに瞑想の本(スマナサーラ長老)や署名、手紙、さらに隙間にアメ玉も、、詰め込んだ。本山にも12Kg(120人分<前>)の更科そばを置いてきた。義圓 拝
義圓
2006/08/14 01:39
嘘をつく人に心の平安は決っして訪れません。塗る薬もないし、義圓でなくても誰でも、なす術はありません。心が不安定であれば身体も不安定つまり病気になります。うそを言う人は「このままでは」何100年も救われることはないでしよう。でも簡単です。訂正すればいいのです。ごめん、といえば全て解決です。些細なことの場合には特に、、、です。拝。
義圓
2006/08/16 04:00

コメントする help

ニックネーム
本 文
モツニ、主治医との会話(その4) 哲学日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる