哲学日記

アクセスカウンタ

zoom RSS モツニ、主治医との会話(その2)

<<   作成日時 : 2006/06/28 00:41   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 14

1月11日(水)
(モツニ)自分の数十年の悪い食生活による癌化は、どのようなコースを歩んだとしても、今、経験しているようなこんなパターンに流れて行くって悟っているんだけどね。大筋はもうだめ・・って。
(瑞光)・・・・・・・
(モツニ)できるだけ無意味な痛みにさらされるすのは希望しないと伝えた。無意味な延命処置も意味無いけれど、無意味な頑張りも意味無いから・・・・逆に言って、もうそんなに多く残されていないんだけど、身辺整理が出来たなら早く楽になりたいって言うのが本音ですけどね・・・・何かコメントはある?
(瑞光)・・・・・・・
(モツニ)これから「坊さん」としてそれなりの人生展開して行くから、私のこのケースも色々参考にしていただければ、いい「坊さん」になれると思うんで、上手に活用してください。
・・・・・・・・
(主治医)胸は苦しくないですか?
(モツニ)それは大丈夫です。息切れとか、そう言うのは無いです。
(主治医)ちょっと、さっきは苦しい様な感じでしたが?
(モツニ)それは痛さ、痛さ。だから、とどまる所の無い痛さが立て続けに来たらば、脈も安定しないし、呼吸も安定しないし、呼吸も苦しいじゃないですか。今は落ちついたからこうやってお話できるじゃないですか。
(主治医)全身的な苦しく辛い状態の時に楽になる一つに酸素療法があります。貧血の状態の時に酸素を少し濃くすることで楽になる事があります。ドラマなどによく出てくる細い管を鼻に入れる方法です。だるいのとかが、少し楽になるかも知れません。少し試してみますか?
(モツニ)いやです。ぶっちゃけた話、死にたいんだよ。死ぬ為には早く身辺整理したいんですよ。そんな・・言葉が悪いけどゴミみたいな事をしてもらうよりも、今みたいに的確な痛み止めを打ってもらえればそれが最高の処置です。
(主治医)酸素も痛み止めの一つです。体を楽にすると言う意味で。命を永らえると言う作用はまったく無いです。だけど本人を楽にする可能性は充分あります。
(モツニ)煩わしいのは嫌です。もっと状態が悪化したら、否応無しにそうななっちゃうかもしれませんが・・・オプションとしては、それはいやです。
(主治医)解りました。今後いくらでも検討可能ですので・・・・
(モツニ)提案ありがとうございます。
・・・・・・・・
(瑞光)・・・・・・・
(モツニ)頑張って今週いっぱいは持たせる様、生きるよ。来週の月曜までは絶対に生きるけど、1月の月末まで何が起こるかまったく予測が付かない。多分、その間に逝っちゃう気がするんだ。直感的に。全体の衰弱がひどいんだよ。見た目以上にね。
・・・・・・・・
(主治医)相当辛いですか?
(モツニ)だいぶね、会話でも判ると思いますが安定してきました。さっきの注射がここにおよんで効いてきたと思います。CTスキャンの反動が・・・・、波と同じですよね。時間が経てばポチャンと出来た波が静まりますよね。・・・私の直感だと、ごはんを食べるような事は無い様な気がします。・・・徐々に最終楽章に入っている・・・・・
(主治医)CTの件ですが、私だけでいい加減な事が言えないので外科の先生にダブルチェックしてきました。微妙な写真でしたが、おそらく小さな孔が開いたのだろうと言うことでした。・・・・・・出血を止めたり孔を塞ぐような点滴は無いのです。
(モツニ)それも要りません。
(主治医)今、一番すべきことは、持続的な痛み止めを検討することです。・・・・大きい点滴の方に痛み止めを混ぜていくのです。微量のポンプを使って24時間、間違い無く体に入れていくのが一番体に負担が少ないのです。それはモルヒネなんです。モルヒネは色々言われていますが、人格を破壊する訳ではないし、痛みがある人が使えば精神症状は出ないのです。・・・・
(モツニ)モルヒネを使う事を拒否する考えはございません。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(14件)

内 容 ニックネーム/日時
前回の会話の後に、レントゲンとCTスキャンを受けて、病室に戻ってから瑞光が面会している時に主治医が来た時の会話です。瑞光の声が小さくて聞き取れない所は「・・・」にしました。
モツニの弟
2006/06/28 00:50
コメントの削除は何番目ではなく日付けと文頭で指示してくだされば、削除希望のコメントと一緒に削除します。コメントの中の特定の部分だけを削除したり、編集する事は出来ない様ですので全文削除になります。また意味不明なコメントも削除させていただきます。
モツニの弟
2006/06/28 00:58
やっとリンクが判るようになったみたいです。リンクを貼らなくてはロボット(グーグル検索)に認知(認識)して貰えませんからネ。モツニ寺 拝
吉田義圓
2006/06/28 05:38
◇吉田義圓様ブログ作った◇
紅い「吉田義圓」クリック。早く、中身書いてくれ。
Qちゃん
2006/06/28 19:53
ブログって何なんでしょう?
 日記形式のホームページという印象を持っていました。多分、当たらずも遠からずだと思います。勉強不足でどの様にすればリンクが張れるのかまだ分りませんが、ブログにとって重要なのは、何を、どの様に、発信したいのか、だと思います。また、それがブログの質を決めてしまうとも感じています。モツニはライブドアブログ「哲学日記」の中で言っています。「インターネットのブログの発信者は事実上無限のひとびとに開放されています。つまり、ひとりひとりが作家であり、評論家であり、専門家であり、解説者であり、ジャーナリストであり、専門家であると言うことを意味しています。要するに情報の送り手としての”主体”であるということ、このことが好む好まざるに拘わらず余儀なくされる…ということなのです。どういうことかと言うと、たとえどのような軽い気持ちで記事を書いたとしても、その記事を書いたことそのものに対しては、あたかも犯罪者が調書を書かされるのと同じような意味で、一言一句が”ログ”として言質にとられているというこのことなのです。」ブログの怖さ(その4)から引用 
モツニの弟
2006/06/29 00:12
続、ブログって何なんでしょう?
 モツニはブログについて、小学生の日記レベルとそうでないものと二つに分けられると言ってました。モツニが目指していたのは何だったんでしょうか?ブログを媒介として様々な人達と意見交換をしたかったのだと思います。そしてモツニの文学作品やモツニ自身を知らしめたかったのではないかと思います。モツニが書き込んだウェブリ、ライブドア、エキサイト、gooブログを全部は読んでいないので何とも言えませんが、モツニは言いたかった事があるはずです。それが何なのかこれから探していくつもりです。そしてモツニの意向を考えながらこのブログを更新してくつもりです。
 このブログの読者の方々は「考える」ことを日常的になさっていると感じています。好んで考える時間をお持ちの読者の応援を頂いて、何かが残るブログが出来て行くと信じています。
 「人間は考える葦である」(パスカルのパンセから引用)「最近は考えられない葦が多過ぎる」モツニは、そんな世の中に警鐘を鳴らしたかったのではないでしょうか。
モツニの弟
2006/06/29 00:35
モツニの哲学日記が「哲学日記」のキーワードでNo1にヒットするおかげで、「ビーネット」「詐欺」のキーワードでも9番目にヒットする。
 義圓は自身のブログにはなるべく長い文は載せないつもりです。ながいのは読者が読むのに大変(時間、労力)だとおもうから。
 9番目のヒットというのは1ページ目だということです。人に知られ易いということです。
 自身のブログの記事は最小限に留め、他のブログへのコメント(リンク)にカを入れるのが得策か?
吉田義圓
2006/06/29 04:00
リンクの貼り方はコメントの文を 「コメント(会員用)」でクリックすれば2つのブログが繋がる(リンク)ようです。リンクされるとグーグルロボットがリンクを辿って巡回できるようになるのです。どこのブログにもリンクされないブログは誰の目にも触れることはないのです。
 トラックバックは記事(ブログ)の引用ですか?桜井よしこ氏のブログ見てそんな気がしました。義圓 拝
みつひこ
2006/06/29 04:13
ブログのQの意義は二つあると考えます。@サロン化A自己で考える、のふたつです。@の場合、BBQパーティーで、みんな、勝手な事して、勝手に冷蔵庫あけて、管理人さんと楽しむ。Aは管理人さんは「お題」だけで、各自(自分で)考えていくキッカケを提供して貰う場所。ある時、某ブログで、非常にハイレベルな意見を言っておられる方いました。私もツラレテ意見のせました。管理人さん、若い人の様で、2人の意見削除。それ以来、そのブログには(マスターベーションブログと名づけた。)いっていない。又、あるブログでは、テーマに関係なく、色んな興味ある話、をしてたら、「君たちはこのブログ乗っ取る気か」と言われ、トーンダウン。で、私の「お気に入り」から、消えた。共に、相手の気持ちを考えたくない人は、ブログすべきでない。日記は他の手段でもできる。若い子が「メルマナ」言っているが、彼ら、彼女らの意見なら、モツニさんの重複コメント反則だって。
Q拝
Qちゃん
2006/06/29 07:20
☆全く関係ないけど☆
恐れ入りますが、「矢車剣ノ助」の歌、ご存知の方、お教え下さい。
Q拝
Qちゃん
2006/06/30 14:06
Q様、読者の皆様
Yahooで「べからず集 ブログ」と検索しても捜している文面にはめぐり合えませんでした。ブログの管理者(代行)として、しなくてはいけない事、そして、してはいけない事、が書かれているホームページやブログがあれば紹介してください。そして、ブログでは「こういうことはしない事」などの箇条書きなどがあればお教え下さい。

話は変わりますが、子供の頃「赤胴鈴之介?」というテレビ番組があった記憶があります。剣を取っては日本一の夢は大きい少年剣士〜〜 「月光仮面」と同じ頃です。もう40年以上も前の事です。「矢車剣ノ助」は初めてです。
モツニの弟
2006/07/01 00:23
☆モツニの弟様☆
ブログの倫理規範はマダない様です。しかし、酷いブログ、良く目にします。で、Qの私見って事で、メール書いときました。読んで戴ければ、幸いかと。
Q拝
Qちゃん
2006/07/01 09:13
☆モツニの弟様☆
モツニ会、名古屋で一足お先にしました。夜の、3時頃、小次郎君が、カクレンボして、7時頃に見つかる。全員、睡眠不足。
Qちゃん
2006/07/07 20:50
☆Q様☆
 お疲れ様でした。我が家にも猫が一匹おりますが、家の中で飼っております。毎日、家の周りを散歩する時には首紐を着けています。今まで3回ほど脱走したことがありますが家の近くで確保しました。猫を追いかけるのは結構大変でした。この猫、息子が拾ってきてもう11年になりますが、我が家の末っ子になっています。性別は微妙です。生まれた時にはオスでしたが、去勢手術をしましたのでニューハーフって云うんでしょうか。名前はモモ(桃太郎)です。雨模様の日は一日中寝ています。天気の良い日に日光浴をしている時は仰向けの大の字になって寝ています。
 これからの季節にはマタタビノの葉が白くなりますので遠くから見てもすぐに判るようになります。マタタビノの新しい蔓(枝)を切ってリースの様に丸めて与えると、涎を出して床を転げ回ります。猫にマタタビ。乾燥したマタタビの実でも喜びます。
 「モツニ会」はどんな形でもいいと思っておりますので、「モツニを肴に楽しく一杯」やって下さい。
モツニの弟
2006/07/08 00:02

コメントする help

ニックネーム
本 文
モツニ、主治医との会話(その2) 哲学日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる