アクセスカウンタ

<<  2005年12月のブログ記事  >>  zoom RSS

トップへ

タイトル 日 時
「モツニ、自らを語る(その3)」
先日、12月15日、体調不良のため王子の生協病院に検査入院したところ、末期の胃がんである旨を宣告されました。別に、驚くこともなく、失望することもなく、絶望することもなく、その事実をそのまま受け入れています。それにしても、末期の胃がんであることを察知するまで、その事実にまったく気づかなかったモツニとしては実に不覚であったことは否めませんが、これもまたある意味で運命ではないでしょうか! 現在、この瞬間、痛みと、吐き気の両方を堪えながらこの文章を書いているため、なかなかまともな文章になっていと思います... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 7

2005/12/28 12:56
『回想T』 《自問自答》
八 自問自答 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 19

2005/12/11 23:02
『回想T』 《離別への決意》
七 離別への決意 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 14

2005/12/11 10:55
『回想T』 《なつかしい人々》
六 なつかしい人々 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 11

2005/12/09 10:57
『回想T』 《世界認識》
五 世界認識 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 12

2005/12/08 09:37
『回想T』 《変化の兆し》:後半
       ……………… ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 6

2005/12/07 10:48
『回想T』 《変化の兆し》:前半
四 変化の兆し ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 5

2005/12/06 08:24
『回想T』 《出会い》:後半
             ………… 「依田くん、君は《存在》について考えたことある?」と部屋へ入るなりこう訊いてきた。 「いや、別にそんな真剣に考えたことなんかないよ」と誠一は軽く返事をした。 「じゃあ、《-存在》と《+存在》についても考えたことなんかないね」と再度質問してきた。 「何ですか、その《-存在》と《+存在》というのは?」と誠一はこの不思議な青年に質問の主旨を問い直した。 「いや、別に深い意味はないんだが、そういったことを知っているかどうかちょっとだけ訊いてみただけなんだ。物... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 9

2005/12/05 10:28
『回想T』 《出会い》:前半
三 出会い ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 8

2005/12/04 02:47
『回想T』 《魂の食事》
二 魂の食事 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 10

2005/12/03 14:43
『回想T』 《存在の奥義》:後半
                     ………… 少年はずうっと老人のことばを聞いていたが、やがて静かにこう質問し直した。 「おじいさん、人間はどこから来て、どこへ行くの?」 「息子よ! お前はなかなかもの分かり早いのう。じゃが、先ほどの質問はどうしたのじゃ? もう、その質問はいいのか。 自分で答えるのが厭になったのか?」 「ううん、違うよ。さっきの質問はね、最初の質問と同じでちょっとからかってみたかったんだ。だから、どうでもいい質問だったの。けれどね、今度の質問はね、二年前田舎でお父... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 6

2005/12/03 06:01
『回想T』 《存在の奥義》:前半
第一章 『回想T』 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 5

2005/12/02 08:28
『回想T』 《目次一覧》
『異常なる感性』 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 0

2005/12/01 09:41

<<  2005年12月のブログ記事  >> 

トップへ

哲学日記 2005年12月のブログ記事/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる