哲学日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 「産経新聞はアホや>もう購読止めるぞ!!」について

<<   作成日時 : 2005/11/01 02:24   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

産経新聞はアホや>もう購読止めるぞ!!」について

「正論」にクライン孝子や曾野綾子、上坂冬子なんてないい加減なもん使い続けているからボチボチ止めようかって気になっていたんですが、いよいよですね。
-----(以上引用↑)----- 

 同感です! 朝日も朝日ですが、上の引用の意味では産経も同レベルかも知れませんね。ぶっちゃけ、戦後60年、日本のすべての新聞は米国お墨付きの”小学生絵日記方式”の掲示板システムそのものでしたからね。その”幼稚園メニュー”のお料理の先生が”クライン孝子”、”曽野綾子”、”上坂冬子”さんたちではないでしょうか。ま、しょせん、米国は我が国を守ってくれられる…という”大前提”でのみ”思考もどき”を展開できる”先生”たちなのですから。そういう意味では、大江健三郎大先生も同一レベルですが…。
 
 いずれにしても、米国がやがて”オシャカ”になることは必至ですから、実際にそのようになってしまう前に何とか最低限度の処置は対応しなければなりませんが、それすら現行の内閣では途轍もなく困難な作業であるかもしれません。とにかく、180度の発想転換が求められているということではないでしょうか。

 最後に、上の三人だけを”まな板”に乗せるのは不公平かもしれませんので、同類項を二三並べておきましょうか…

 瀬戸内さん(あの尼さんの)、竹村健一さん(日本最高級のバカとして)、養老先生(バカがバカに向って自己言及している姿として)、土屋先生(フモールの大家、その大家は滅びゆく純粋バカをのみ対象にフモールを展開している)、茂木健一郎先生(自分が純粋マスタベーションを展開していることが全くわかっていないので…)、大江健三郎大先生(ダンテを読みながら、ダンテを全然理解できていない、自分自身がダンテの地獄編第xxx話にいることを夢にも想像することができないなんて、ほんとうに”皮肉”ですね…)、もちろん、この他にも無数にいますが、だいたいどのようなひとびとがそうであるか、ある程度予想がつくのではないでしょうか。

 最後に、私”モツニ”は上記の方々から”名誉毀損”で訴えられることも当然視野にいれてこのブログを発信していることを読者にお伝えしておきます。『信のたわむれ』をここまで読み進んで来られた読者であれば、わたくしが何を考えているか…ある程度理解して頂いているかと思っております。

 尤も、これは私”モツニ”の勝手な思い込みであって、実際には”モツニ”の哲学は全然理解されていなかったりしているのかも知れません。しかし、そのいずれの場合をも私”モツニ”は想定した上で、このブログを書いておりますので、どうかそこのところをお間違えのなさらないよう、私の活動に対して、安易な”訴訟”に持ち込もうとすれば、”自己言及”ではありませんが、その本人が最も打撃をうけることだけはこの時点で明確にお伝えしておきましょう。

 まことに、まことに、ブログを”張る”とはおのれの命を”賭ける”ことなのだ!

※ この記事は、 ”溶解する日本”からのブーメランコメントとして展開させていただきました。

---------------------
関連記事:
「産経新聞はアホや」(つづき)
『一即一切』について
『色即是空』について
『信のたわむれ』《ロゴス空間》:後半 
「価値なき神」の哲学日記 bQ09について
---------------------
関連作品:

■ 『インターネットで見た光景』
■ 『信のたわむれ』 
--------------------- 
■ 『知のたわむれ』
■ 『覚のたわむれ』
■ 『現代のたわむれ』
■ 『異常なる感性』

---------------------
参考文献:
『ヘラクレイトス』        ハイデッガー全集 55巻
『イエスという男』        田川建三;三一書房
『立ちつくす思想』        田川建三;勁草書房
『歴史的類比の思想』       田川建三;勁草書房
『批判的主体の形成』       田川建三;三一書房
----------------------
『言葉と物』           M・フーコー;新潮社 
『ソシュールの思想』       丸山圭三郎;岩波書店
『ソシュールを読む』       丸山圭三郎;岩波セミナーブックス
『沈黙するソシュール』      前田英樹; 
『偶然と必然』          J・モノー;みずず書房
『善悪の彼岸』          ニーチェ;岩波文庫
『道徳の系譜』          ニーチェ;岩波文庫
----------------------
『ゲーデル・エッシャ・バッハ』  ダグラス・ホフスタッター;白楊社
『ダーウィンの危険な思想』  ダニエル・デネット;青土社
『意識するこころ』 デビッド・チャーマーズ;白楊社
-----------------------
『集合と位相T』    彌永昌吉、彌永健一;岩波講座 基礎数学
『集合と位相U』    彌永昌吉、彌永健一;岩波講座 基礎数学
-----------------------


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
「産経新聞はアホや>もう購読止めるぞ!!」について 哲学日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる